エムティーアイは『music.jp』『ルナルナ』をはじめ、モバイルサイトを通じて[便利で楽しいサービスを提供するモバイルコンテンツ企業]です。

ニュース

最新のニュースを掲載しています。

2018年02月14日ニュースリリース

『ルナルナ』に蓄積されたビッグデータを解析し、より高精度な排卵日予測を実現~独自ロジックを構築し、妊娠希望者をより手厚くサポート~研究結果の論文が Journal of Medical Internet Research に掲載

 (株)エムティーアイが運営する、ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』は、広尾レディース院長の宗田...
TOP_sukusukukosodate
2018年02月13日ニュースリリース

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が山形県長井市にて提供開始~ICTを活用し若い世代が安心して子どもを産み育てられる環境づくりをサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が山形県南地域では初となる長井市にて導入され、『すくすく子育て応援アプリ』として2月20日(火)より提供を開始します。  山形県の南西部に位置し、置賜野川・置賜白川・最上川の3つの河川に囲まれている長井市は、豊かな水源に育まれた雄大な自然を有する「水と緑と花のまち」です。同市では、「安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまち」を目指し、子育て助成金制度の充実や子育て世代包括支援センターの開設など、若い世代が子育ての希望をかなえることのできる環境づくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆妊娠・出産・子育てをワンストップでサポートする山形県長井市で『母子モ』の提供をスタート!   長井市は、「安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまち」を目指し、子育て世代の相談窓口として子育て世代包括支援センター「すまいるるーむ」の開設や、子どもの預け先に関する相談窓口として子育てコンシェルジュを配置するなど、妊娠から出産・子育てまで継続的に支援する体制を整備しています。また、子育て世代の経済的負担軽減のため子育て助成金の充実や、病児保育施設「みつばちルーム」の開設など様々な子育て支援策を実施しています。  さらに市独自の取り組みとして、親子の愛着形成と早期の国語の定着のため、「音読・読み聞かせマニュアル」を作成し普及・啓発活動に力を入れています。  今回、市の取り組みを子育て世代により活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育て支援アプリで全ての子育て家庭をサポート!  長井市に採用された子育て支援アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りの一助となることを願っています。 <山形県長井市 内谷 重治市長からのコメント> ...