エムティーアイは『music.jp』『ルナルナ』をはじめ、モバイルサイトを通じて[便利で楽しいサービスを提供するモバイルコンテンツ企業]です。

ニュース

最新のニュースを掲載しています。

joyo2_20171019
2017年10月19日ニュースリリース

~エムティーアイ×常陽銀行 実証実験第2弾開始!~口座直結型スマートフォン決済による「割り勘・集金」で、決済シーンをもっと豊かに

 株式会社エムティーアイ(東京都新宿区、代表取締役社長:前多 俊宏、以下「エムティーアイ」)は、常陽銀行(茨城県水戸市、頭取:寺門 一義)と、「割り勘・集金」機能を追加した「口座直結型スマートフォン決済」※1の実証実験を10月27日(金)より開始します。  本実験は、8月1日(火)から常陽銀行本店で実施している、事業者と消費者間の決済において「口座直結型スマートフォン決済」を利用する実証実験(http://www.mti.co.jp/?p=22075)を応用した第2弾で、今回は「割り勘・集金」機能を提供することで、現金を使わずスマートフォンのみで消費者同士の送金を実現し、その利便性・有効性を検証します。対象者は常陽銀行グループの全従業員5,700名(2017年3月末時点)及び従業員の家族とし、合計1万人を超える大規模な実証実験となります。  今後は、第1弾の実証実験と今回の実験の結果から得られたノウハウをもとに、キャッシュレス社会の実現に貢献するサービスの提供を目指します。 ◆エムティーアイの「口座直結型スマートフォン決済」サービスで、キャッシュレス社会の実現へ   金融とITが融合したFinTechへの取り組みが国内でも加速している現在、手続きやプロセスを簡略化したシンプルかつ安全な新しい決済の仕組みづくりに期待が寄せられています。  エムティーアイでは、クレジットカード会社や中間事業者を介さずに銀行口座から即時に代金の引落や入金を可能にする「口座直結型スマートフォン決済」のサービス構築に向けた取り組みを実施しています。本年8月1日(火)より常陽銀行と協同で開始した実証実験第1弾では、水戸ヤクルト販売の協力のもと、事業者と消費者間での現金取り扱いに伴う手間や事務作業を削減し、インターネットバンキングの利用率向上などの有用性を確認しました。  第2弾となる今回の実証実験では「割り勘・集金」機能として、事業者と消費者間ではなく、個人間で発生する様々な送金シーンに「口座直結型スマートフォン決済」を活用しその利便性を検証します。外食時に立て替えた代金の割り勘や社宅・寮・クラブ活動での集金などサービス利用の幅を拡大し、さらに1万人を超える大規模な実証実験を行うことでキャッシュレス社会の実現に向けた課題を抽出し知見を蓄積していきます。  また、本実験で得たノウハウを生かし、来春には銀行口座とAPI※2が連携したスマートフォン決済・送金サービス『MTI-SmartPay(※仮称)』の提供を予定しています。 ◆「割り勘・集金」機能によって利用シーンを拡大!より豊かな地域社会・地域経済に向けて  本実験における「割り勘・集金」機能は、集金する側のユーザーが専用アプリにて生成・表示したQRコードを、支払う側のユーザーが同アプリによって読み取ることでインターネットバンキングの振り込み処理が実行され、リアルタイムにユーザー間での送金が完了します。今後はメールやSNSなど、オンライン上のコミュニケーションを用いた送金へ対応することで、非対面のユーザー間においても利便性を高めていくことを予定しています。  今回の実証実験の対象である常陽銀行グループ従業員および従業員の家族間では、本機能により飲み会などの会計時に発生する割り勘や、社宅・寮における光熱費やクラブ活動費の集金などで現金での取引が不要となり、キャッシュレス化が促されます。  このように、現金の取扱いに伴う手間やストレスを軽減し、決済シーンをより便利かつ豊かなものにすることで、地域社会・経済の活性化の一助となることが期待できます。  また、今回の「割り勘・集金」機能を提供する「口座直結型スマートフォン決済」実証実験の取り組みについては、本年10月27日に開催の「FIT2017 金融国際情報技術展」http://fit.nikkin.co.jp/index.html に出展します。  今後も当社はテクノロジーを通じて、小さな驚きと新しい使いやすさを届け、お客様とともに未来を共創していきます。 ■常陽銀行について  常陽銀行は、茨城県を中心に国内180店舗を展開する地方銀行です。預金残高...
satsumasendai_top
2017年10月17日ニュースリリース

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が鹿児島県薩摩川内市にて提供開始~切れ目のない子育て支援と子どもの健やかな成長をICTでサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、鹿児島県薩摩川内市にて『さつませんだい子育てナビ』として本導入され10月より提供を開始しています。  薩摩川内市は薩摩半島の北西部に位置し、東シナ海に面した白砂青松の海岸線や市街を悠々と流れる一級河川「川内川」、地形の変化の美しい甑島など、多彩で美しい自然環境に恵まれたまちです。同市では、地域で子育てを支援する環境づくりを推進しており、新生児訪問や母子相談、産後ケア事業の充実を図り、保護者の育児に対する不安や負担の軽減に努める育児リフレッシュ事業や、妊娠・出産から子育て期に渡るまでの母子保健や育児に関する相談に専門職が応じてくれる「子育て世代包括支援センター」の設置など、子どもが健やかに成長することができる社会の実現を目指して様々な支援を行っています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報提供までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、60以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  今後も、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆地域社会で子どもの健やかな成長を支援する、鹿児島県薩摩川内市で母子手帳アプリの提供をスタート!  薩摩川内市は、「子どもの視点に立った、子どもが健やかに成長することができる社会の実現」を基本理念に、地域社会が一体となって子どもの“育ち”を支える環境整備を積極的に推進しています。  地域の保育園や幼稚園、子育て支援センター、医療機関、障害福祉関係機関などと協力した相談・連絡体制による子育て支援の充実や、親子で参加できる体操や講演会など交流の場を提供することで、保護者の育児に係る不安や負担の解消を目指すリフレッシュ事業「はぐHUGくらぶ」の開催、助産師や保健師、臨床心理士など専門職が、妊娠・出産・出産直後の母乳や育児に関する相談に応じてくれる「子育て世代包括支援センター」の設置など、妊娠・出産から子育て期にわたるまで切れ目ない支援を行っています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆地域密着型の母子手帳アプリ『母子モ』で子育て世代をしっかりサポート!  薩摩川内市に採用された母子手帳アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、子育てを手助けしてくれる便利な機能が充実しています。  ほかにも、離れて暮らす祖父母など家族と共有できる機能や、育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また市の最新の子育て情報をチェックできる子育てポータルサイト「さつませんだいこそだてサポートネット」も同時に開設し、母子手帳アプリと合わせて使用することで、育児や仕事に忙しい母親や父親をサポートします。 ★「さつませんだいこそだてサポートネット」はこちら:https://kosodate-support-satsumasendai.jp/ <母子手帳アプリ『母子モ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長・体調記録(グラフ化) ●予防接種:標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート ●健康診断情報:妊婦や子どもの健康診断データを記録 【情報提供・アドバイス】 ●出産・育児に関する基礎情報 ●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス ●沐浴や離乳食の作り方などの動画 ●市からのお知らせ ●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)※導入自治体により表示内容が異なります。 【育児日記:できたよ記念日】 ●子どもの成長を、写真と一緒に記録 ●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き...